医療レーザー脱毛のよさ

1977年当時、電気脱毛が主流だった日本で、医療レーザー脱毛が導入されました。そう、日本における医療レーザー脱毛の歴史はまだ短いのです。歴史が浅い分、医療レーザー脱毛とエステサロンで行われている光脱毛の違いはなかなか分からないと思いますので、今回はそれについてご説明しましょう。医療レーザー脱毛に使用する機器は厚生労働省に認可された機器で、安全性の高さと脱毛のはやさが特徴です。安全性の高さの理由は、高出力医療用脱毛機器を使用しているからです。感染症のリスクはなく、火傷を起こす危険性もありません。エステサロンで使用されている一般的な脱毛機器は、火傷などを起こす危険性があるのです。医療脱毛は医療機関で行われているので看護師さんが施術してくれるので安心ですが、エステサロンでの脱毛は場合によっては無資格のエステティシャンが施術を行うこともあるようです。脱毛にかかる時間はどうでしょうか?医療レーザーの場合は、例えば両脇なら5〜7分ンと短時間で済むのですが、エステサロンでの光脱毛の場合は光の出力がレーザーよりも弱いために効果の現れ方が遅く、効果を実感するためには長期間通わなくてはなりません。エステサロンの光脱毛ではなかなか予約がとれなかったり、脱毛が完了するまでに長期間かかってしまって保証期間を過ぎてしまうなどという話もよく聞きます。皮膚トラブルを起こす危険性も低い医療レーザー脱毛は、本当に脱毛したいと思っている人にとっては最適な脱毛方法といえるかもしれません。